はちみつ漬は減塩梅干

はちみつ漬は減塩梅干

梅干の「はちみつ漬」は、材料は、はちみつ、100cc水50ccを煮てから冷まします。十分に冷めたら、保存瓶に入れます。ここへ塩抜きをして、水分を十分に取り除いた梅干を10個漬けます。これで出来上がりです。この話題の梅干のはちみつ漬ですが、水で塩抜きをしてあるために「減塩」されていますので、「減塩」したい人にオススメです。水で塩抜きした梅干は、梅の有効成分は余り期待できないのですが、いろいろなお好みの味に、変化させる楽しさがあります。シロップ漬け、ショウガ漬け、かつお風味、みりんじょうゆ漬、昆布漬、みそ漬、りんご酢漬などなど。実にさまざまな梅干のバリエーションがあります。これらの梅干も、いったんは塩漬にしたものを水で塩抜きをして、いろいろな味付けに漬け直すのです。ベースにある塩味+それぞれの味がミックスされ、しっかりとした味に仕上がるのです。初めてチャレンジされる方は、梅干は、5個くらいで試してみることをお勧めいたします。お好みの味に仕上がったら、が沢山漬けると良いでしょう。調味液に漬け込む時間は、お好みで調節するとよいでしょう。大事なポイントは、保存方法です。保存は、必ず冷蔵庫で保存しなければなりません。塩抜きをしてしまったので常温では保存できないのです。うっかりと常温で保存するとカビが生えてしまいますので気をつけましょう。話題の梅干の「はちみつ漬」は、いったん塩漬にした梅干を使って、味をつけ直す、そんな梅干です。masaも昨年初めて話題の梅干のはちみつ漬にチャレンジしました。塩漬の味と、はちみつ漬の味が、ミックスされて、それは、それは、「ほっぺ」が落っこちてしまうくらいの絶妙な味でした。今年も、またチャレンジしようと思っています♪
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

masaです。

梅干しの作り方についてまとめてみました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

梅干しの作り方についてのとっておきな情報です。

初心者でも大丈夫です♪

梅干しの漬け方のポイントを整理しておけば簡単です♪

キーワード

梅干の作り方