減塩梅干しの作り方

減塩梅干しの作り方

梅干しを漬けるときに、塩分は何パーセントぐらいまで減らせるのか、もっと簡単な減塩方法はないのか・・・などなど、いろいろな考えが思い浮かびます。減塩梅干しを作る方法は、大きく分けて二つの方法があります。一つは、最初から低い塩分で漬ける方法です。もう一つは、最初は、18%の基本の塩分でしっかり漬けてから減塩する方法です。@最初から低塩分で漬ける・・・手順の上では、最も簡単な減塩方法です。塩分が少ない分、カビが生える確率が高くなります。また、酸味の強い梅干しに仕上がります。作り方は、梅は、必ず黄熟した梅を用意して、下ごしらえをして、梅の10%の塩で塩漬けにします。赤梅干しにする場合は、赤ジソが手に入ったら、赤ジソ漬けにします。この際、赤ジソのアク抜き作業は、分量の塩で1回だけにすることが、上手な減塩梅干しを作るポイントです。減塩梅干しの場合は、カビが発生しやすいために、毎日、梅干し漬のフタをとって、カビの有無を確認する必要があります。もしも彼が出たら、すぐに、カビの部分だけ処分しましょう。それから、土用干しをする際、普通の梅干しよりも、少し長めに日光にあてます。そして減塩梅干しの場合、保存する場所は、必ず「冷蔵庫」です。上手な減塩梅干しを作るためのポイントは、@「黄熟した梅を使用する」熟度が足りないときには、追熟して、十分黄熟させます。塩分量が少ないと、梅酢の上がりが悪くなるのですが、黄熟した梅のであれば、これを助けてくれるのです。また減塩すると、酸味の強い梅干しになりますが、黄熟した梅なら甘みが多いので、酸味が和らぐのです。A「消毒は念入りに」減塩梅干しは、すべての工程でカビが発生しないよう注意しなければなりません。まず、漬物の容器、中フタ、「おもし」は、必ず熱湯消毒をしておきます。B「重石は重めにかける」黄熟した梅を使っても、塩分量が少ないと、梅酢の上がりは悪いものです。減塩梅干しでは、1日も早く、少しでも多くの梅酢を上げないと、梅酢に触れていない部分が、すぐに、カビが生えてしまいます。そのため、重しの重さは、梅の1.5倍くらいにするのがよいでしょう。
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

masaです。

梅干しの作り方についてまとめてみました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

梅干しの作り方についてのとっておきな情報です。

初心者でも大丈夫です♪

梅干しの漬け方のポイントを整理しておけば簡単です♪

キーワード

梅干の作り方