梅干しを上手に漬けるために

梅干しを上手に漬けるために

梅干しを漬ける作業は、他の漬物を作るときに比べ、工程がとても複雑なうえ、出来上がるまでにかなりの時間がかかります。このような梅干を作る作業は、とても大変な作業ですが、大変な作業ゆえ、面白さもあります。上手な梅干しを漬けるためには、早い段階での準備が必要です。初めて梅干しを作る方は、梅干しを作る作業の「カレンダー」や「工程」を把握することを第一の作業と捕えると良いでしょう。そして梅干を上手に漬けるためのポイントは、収穫された梅の品質や天候が、大きく影響しますので、適宜に対応できる「柔軟性」が必要になります。梅干しを漬けるのは、日本列島を見渡してみて、おおむね5月下旬〜8月の作業となるでしょう。早い地域では、5月の下旬ともなれば、梅干し用の小梅が出回ります。そして、6月になると漬物用の梅が出回ってきて、7月に入ると、赤ジソが出回るのです。優れた上質な梅干しを漬けるためには、いくつかのポイントがありますが、その中で、いちばんのポイントは、「梅干しに適した品種を選ぶこと」です。現在、梅干用としての梅の種類は、全国で300種類くらいまでもあります。この中で、梅干しに適した品種として最も知名度が高いのは「南高」です。この「南高」と並ぶ優れた品質の梅に「紅映」があります。そして「十郎」「花香美」と呼ばれる梅干が続きます。さらに「白加賀」と呼ばれる果肉が少し繊維質なものも上質な梅干し用の梅として知られています。masaは、梅干しを漬ける時には「南高」を買い求めます。自分の家で作っている梅の木では、やはりイマイチなのです。南高は、インターネットでも販売されていますので探してみると良いでしょう。気をつけなければならないことは、梅の「旬」を逃さないことです。十分に黄熟させてから漬けると、とてもおいしい梅干しになります♪
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

masaです。

梅干しの作り方についてまとめてみました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

梅干しの作り方についてのとっておきな情報です。

初心者でも大丈夫です♪

梅干しの漬け方のポイントを整理しておけば簡単です♪

キーワード

梅干の作り方