ゆかりの作り方

ゆかりの作り方

梅干しの副産物「ゆかり」、ゆかりの作り方をご紹介させていただきます。「ゆかり」は、梅干と一緒に漬けた赤ジソの葉っぱをカラカラに干して粉末状にしたもので、ほどよい塩分とシソの香り高い風味が特徴です。この「ゆかり」で、お茶漬けを作ってみるなど、「ふりかけ」や「ゆかり寿司」などを作ると、もう市販されているゆかりは必要なくなってしまいますね♪おいしい「ゆかり」を作るためにはとても大切なポイントがあります。ゆかり独特の色と香をよく仕上げるためには、まず、少し手間わかりますが、早く、乾かすために、赤ジソは、一枚ずつていねいに広げて干す必要があります。@赤ジソの汁を絞って大きめの盆ザルに一枚ずつていねいに広げて干します。こうすると、早く乾き色も香りもよくなりますよ。A干す時間は、午前中の10時くらいから午後の2時頃までです。午後2時以降は、晴れていても風が水分を含んでいるので、乾きが遅くなってしまいます。このため、色も香も飛んでしまうのです。Bすりこぎでつきながら砕きます。C「万能こし器」を通すと細かいものが落ちて行きます。「ゆかり」は粗い物と細かいものの2種類を作っておくと使い分けができてとても便利です。密閉瓶で保存すると良いでしょうね。「ゆかり」を一枚一枚広げるのは、とても手間がかかりますので、ざっと干す方もいらしています。確かにそれでも、ちゃんとした美味しい「ゆかり」になります。どんな方法でも「ゆかり」はできます。しかし味が違うのです。一枚ずつ広げて干せば、ひと手間分の見返りは必ずありますよ。
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

masaです。

梅干しの作り方についてまとめてみました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

梅干しの作り方についてのとっておきな情報です。

初心者でも大丈夫です♪

梅干しの漬け方のポイントを整理しておけば簡単です♪

キーワード

梅干の作り方