梅干しの干し上がりの目安

梅干しの干し上がりの目安

梅干しの干し上がりの目安は、梅干しの重さで判断できます。梅干しの量をはかってみて、生の梅干のおよそ半分の重さになっていれば干し上がりと判断できます。土用干しで一番大切なことは青天が4日間続く日を見極める事ですが、近年の天候不順は、ひどいものです。ですので、見極めるのはとても難しい作業ですね。そこで、予定通りにいかないのが、土用干しと肝に銘じておくのが土用干しであると、あらかじめ1個の重さの平均の重さを調べてみてメモを残しておくと良いでしょう。土用干し作業で一番大変な作業は「外に出したり、中にいれたりする作業です」天気が曇っている時は、室内に入れておかなければなりません。天気が「曇り」の時に梅干しを干した場合、梅干しの表面がべたつくことになってしまい、品質の良い梅干しにならないのです。おいしい梅干しを漬けるための秘訣は、上手な「土用干し」作業にあります。天候が不順で雨や曇りの場合は、家の中に、取り込んでおき新聞紙とかで、ザルごと覆っておくと良いでしょう。新聞紙などの紙が湿ったら、取り換える作業をこまめに繰り返すと梅干しの表面がベタつくことはなくなり、品質の良い梅干しに仕上げることができます。太陽が顔を見せたら、すぐに外に出してあげましょう。ただし「小梅の梅干し」の場合は、普通の梅とは「干し方」が違います。干す時は、両手ですくってザルにあげる程度で十分です。日中、一度裏返す時も、ざっとならせば良いでしょう。干す日数は3日間です。一日目の夕方は梅酢に戻し、3日目には取り込んで保存すると良いでしょう。梅干しが干し上がったら、白梅酢と一緒に保存するにでは、梅干しの「白梅酢漬」になってしまいますので、あまり感心できません。白梅酢は別の場所に保存することをオススメいたします。来年梅干を漬けた時にカビが生えた場合でも「白梅酢」があると、とても役立ちます♪
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

masaです。

梅干しの作り方についてまとめてみました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

梅干しの作り方についてのとっておきな情報です。

初心者でも大丈夫です♪

梅干しの漬け方のポイントを整理しておけば簡単です♪

キーワード

梅干の作り方