梅干しの塩漬け

梅干しの塩漬け

umesio.gif 梅干しの塩漬けをする時には「粗塩(あらじお)」を使用します。精製塩は漬物用としては、不向きなのです。写真は、私自身が、今年梅干しを漬け込んだときに、撮影した様子です。このとき使用したのも粗塩です♪梅干しを漬けるとき、どうして粗塩なのでしょうか。それは、粗塩は苦りを含んだ塩で、粒子が、粗くて、しっとりとしているために、梅に塩がからみやすく、早くに梅酢が上がってカビが生えにくくなるのです。私は今まで普通に、キッチンにある精製塩を使用していました。でも、今回、粗塩を使ってみたところ実にスムーズに梅酢が上がってくれました。こんなにも、違うものなのですね(笑。梅干しの塩漬け方法は@梅干しの目は、キズのあるもの、黒い斑点のあるものを除いて、ヘタを取ります。手もぎの完熟梅では、下手が簡単にとれます。また、お好みで、あえて、ヘタを少し残したまま塩漬けしてみるのも面白いです。ヘタ付の、そんな、自然な梅干しが、漬かります♪A容器にたっぷりの水を入れて、梅をきれいに洗って、そのままは半日〜、一晩ほど水につけ、丁寧にザルですくって取り出します。水につけると、斑点が出ることがあります。心配はありませんが、なるべく早く漬け込んでしまいましょう。漬け込む「かめ」の底に一握りの塩を振ります。B18%の塩分の量の塩を手元に置いて小さい器に小分けします。塩を適量、手に握って、梅を二つずつ握り込んでまぶし、一段ずつ隙間なく平らにきっちりと並べます。平らにしないと「おもし」の重力がかかりにくく、梅に塩があたらないので、梅酢が上がりにくくなってしまいます。
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

masaです。

梅干しの作り方についてまとめてみました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

梅干しの作り方についてのとっておきな情報です。

初心者でも大丈夫です♪

梅干しの漬け方のポイントを整理しておけば簡単です♪

キーワード

梅干の作り方