青い梅には毒がある

青い梅には毒がある

昔から、「青い梅には毒があるので食べてはいけない」と言われています。しかしこれは、まだ実って、間もないころの未熟な青い梅の「種」のことを指しているのです。未熟な青い梅の種には「アミグダリン」という毒素がたくさん含まれているのです。このような意味ですので、「迷信」ではないのです。でも、この毒素は、梅の果実が熟するにつれて分解されるのです。そして市場に出回る頃には、青い梅の種には、ほとんど毒素は含まれてはいないのです。「梅は食うとも、核食うな」という言い伝えがありますが、この意味には、前述した。青い梅の核、種には、毒があるので種まで食べないようにと戒めているものなどですよね。いずれにしても実って間もないころの未熟が青い梅の種だけは、食べないように、食べさせないように、伝えていかなければなりませんね。それから、「梅干しに、カビが生えると、その家に不幸が起こる」とか「一度カビを生やした家は、二度と梅干しを作ってはいけない」などの言い伝えがあります。このような言い伝え「迷信」は、今の時代でも、根強く残っているのです。これの意味するところは、毎日の健康に、欠かせない、そんな梅干しの大切さを、あえて強調したものなのです。ですので、カビが生えてしまったと言って、本当に、不幸が起こるわけではありません。もちろん2度と梅干しを漬けてはいけないということもありません。当サイトの方法で、梅干しを作れば、カビが生えることはありません。このような迷信には惑わされずに、健康にとっても良い、そんな、梅干しを毎年、作ってみましょう。
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

masaです。

梅干しの作り方についてまとめてみました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

梅干しの作り方についてのとっておきな情報です。

初心者でも大丈夫です♪

梅干しの漬け方のポイントを整理しておけば簡単です♪

キーワード

梅干の作り方